指宿のたまて箱の席予約

JR九州には、列車を移動だけの手段と考えずに、色々な趣向を凝らした観光特急というものがあります。
そのひとつに、鹿児島中央駅と指宿駅間を約50分で結ぶ「指宿のたまて箱」(略していぶたま)という特急列車があります。

指宿のたまて箱

鹿児島中央駅での特急指宿のたまて箱


白と黒の2色に塗られたれた特徴的な列車の車内は、海側に面した席がカウンターの1人用回転椅子席となっていたり、軽食やグッズを販売しているサービスカウンターがあったり、指宿にちなんだ本などが並ぶ本棚などがあったりと、その他様々な趣向が凝らされています。

指宿のたまて箱は、普通の特急列車とあまりに違うので、人気の列車になっています。

それゆえ、休日、指宿のたまて箱の席は、かなりの確率で満席になってしまいます。
なお、全席指定席です。
おまけに、指宿のたまて箱は、2両編成そしてゆったりと席も配置していますので、席自体の数が少なめです。

で、何が言いたいかというと、指宿のたまて箱に乗ると決めたら、すぐに予約してください。
特に、休日に指宿のたまて箱に乗るのであれば、切符が発売される1箇月前の10時に切符を買いに行ってください。

私の経験を書きますが、2014年の8月3日(日曜日)の指宿のたまて箱の回転椅子席を取ろうと、1ヶ月前の11時くらいに買いに行きました。

なんか、指宿のたまて箱は、窓と座席があっていないらしいので、どこの席がいいのか調べて、ピンポイントで席を予約しようと考えていました。

しかし、発売開始わずか1時間しか経っていないのに、指宿のたまて箱の座席は1席しか残っていませんでした。
ただ、その1席が運よく回転椅子席だったのはラッキーでした。
でも、窓枠とあっていない席のようです。トホホ。

正直、いくら夏休みの日曜日とはいえ、楽勝で席が取れると思っていました。完全に舐めていたわけです。
もし、ここまでの人気だと知っていたら、10時打ちしてもらっていたところです。

なので、休日に指宿のたまて箱に乗るのであれば、可能な限り切符が発売される1箇月前の10時に取りに行ってください。でないと、希望の席どころか、乗ることすらできないかもしれません。
休日の指宿のたまて箱は、切符取得の難易度が少しある列車だと思ってください。

なお、指宿のたまて箱の座席配置は、ここがよく分かります。
窓と席が合っているかというようなことも書かれていますので、ぜひ参考にして指宿のたまて箱の席を予約してください。

なお、ハッピーバースデイ九州パスという切符でも、指宿のたまて箱の切符を取ることはできますよ。

2014年7月上旬

お得なプランの宿を探そう!!

楽天トラベルでは、楽天トラベルにしかないお得な宿泊プランを用意している宿が多数あります。「2週間前の予約で安くなる」「オフシーズンだから安くする」など、お得なプランが多数あります。

どの宿からでも他の宿を探せる画面に行けますので、物は試しにお得な宿泊プランを探して見比べてください。
ちなみに、ポイントも貯まり、2重にお得ですよ。

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ