特急きらめきのグリーン車



博多駅と小倉駅を結ぶ特急きらめき号のグリーン車に乗車した際のレポートです。

きらめき

博多駅に停車中の特急きらめき

特急きらめきは、787系の車両を使用している列車です。

博多駅と小倉駅間というJR九州でのドル箱区間を走っているきらめきですが、自由席の乗車率は高いもののグリーン車はスカスカです。

特急きらめきは、基本的には6両編成の列車で、グリーン車は、6両編成のうちの博多駅寄りの1号車になります。

この1号車には、基本のグリーン席だけでなく、乗車して最初の部分にグリーン車個室があります。その奥にグリーン座席があり、一番奥の部分にはDXグリーンがあります。

きらめきのグリーン車室内

きらめきのグリーン車室内。一番奥にはDXグリーン室が!

きらめきのグリーン座席配置は、1人席と2人席の横3列構造で、全部で5列あります。

席番号は、博多駅方面から見て3・4~7となっています。

で、博多駅方面に向かって、左手の窓側が二人席のA席で通路側がB席です。
反対側の一人席はC席です。
一番後ろの7C席は無くて、一人席は全部で4席しかありません。

という感じの、全部で14席のプレミアムな空間です。
ちなみに、私の席は、5C席でした。

なお、一番奥のDXグリーンは、同じ配置で座席番号は1番です。
2番は存在していません。
つまり、DXグリーンは、2列分くらいの前後スペースがあるということです。

話を元に戻して、グリーン車の座席ですが、ちょっと硬めの大きな座席です。
この座席、リクライニングがちょっと変わっていて、全体をリクライニングするのと、上部だけをリクライニングする二段階構造になっています。

このため、好みの姿勢をとりやすくなります。
たとえば、思いっきり倒して、上部だけをやや起こすと、本を読んだりするときに、ゆったりしているのに読む姿勢が楽なんてことができます。

個人的には、形状といい硬さといいかなり好みの座席です。

もちろん、シートピッチも広く、フットレストもあります。

きらめきの座席

きらめきの一人用座席。背もたれの上半分と下半分で角度を変えることができます。

テーブルは、インアーム式の座席全体を覆うタイプです。
そのテーブルだけでなく、窓側席にはミニテーブルもあります。

コートフックもあります。背面には網状マガジンラックもありますので、ペットボトルなどを入れておくことができます。

座席周りの収納は十分すぎです。

あと、コンセントですが、ありませんでした。
DXグリーンにはコンセントがあるようです。

グリーン料金は、博多駅-小倉駅で1030円です。
普通車指定席に+500円程でこの快適さです。
グリーン車の選択も十分ありだと思います。

で、きらめきからの車窓ですが、A席は、北九州の夜景ポイントとして有名な皿倉山やスペースワールドなんかを望めます。

反対のC席では、若戸大橋ですね。

最後に、きらめきには車内販売はありません。

以上が、なんとなく、北陸新幹線のかがやきと名前が似ている特急きらめきのグリーン車に乗車した際のレポートです。

2015年8月上旬

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ