いさぶろう号

いさぶろう号は、JR九州の肥薩線の人吉駅と吉松駅間を走る観光列車で、1日2本運転しています。

いさぶろう号とは言いますが、いさぶろう・しんぺい号で、人吉駅から吉松駅に向けての列車がいさぶろう号と設定されています。反対の、吉松駅から人吉駅に向けての列車をしんぺい号と設定しています。
そのため、列車には両方の名前の「いさぶろう・しんぺい」と書かれています。

このいさぶろうに乗車した時のレポートです。

矢岳駅に停車するいさぶろう号

矢岳駅に停車するいさぶろう・しんぺい号

このいさぶろうが走る肥薩線の人吉駅と吉松駅間は、矢岳越えといわれ、急峻な峠越えの区間となっています。そのため、スイッチバックが2つ、ループ線がひとつあります。そのうちの大畑駅(おこばえき)では、日本で唯一ループ線とスイッチバックの両方があります。

そういう意味でも珍しく観光色が強くなりますが、真幸駅と矢岳駅の間には日本3台車窓といわれる絶景区間があります。

それだけでなく、この区間の大畑駅・矢岳駅真幸駅のすべての駅舎が開業当初からの歴史ある古い木造駅舎でもあります。

そういう理由からか、ここに観光列車が走る事になったのではと勝手に推測します。

で、いさぶろうは観光列車ですが、特急とかでなく普通列車です。よって特急料金などかかりません。ただし、ほとんどの座席が指定席ですので、基本的には普通車指定席料金がかかると思ってください。

とはいえ、ごくわずかですが自由席もあります。自由席は、いわゆる窓に向かって背中を向けるタイプの席です。
それでも、観光列車だけのことはあって、かなり豪華な自由席ですよ。

自由席

明治時代のソファーのような豪華な自由席。4席あります。

それから、各車両中央に、カウンターテーブルとその横にベンチ座席が数席あります。ここは、誰でもが自由に利用することができ、空いていたなら、ここに座るのもいいかもしれません。

ちなみに、私は、指定席を取っていなくて立つぐらいの気持ちでいましたが、カウンター横のベンチ座席が空いていましたので、そこに座って車窓を楽しんでいました。ラッキー。

カウンターテーブル付近のいさぶろうの車内

カウンターテーブル付近の車内。ベンチ席があります。


いさぶろうの車内の説明ですが、基本的にはテーブルを挟んでのボックスシートになります。雰囲気は、明治・大正の列車を思わせます。

いさぶろうの車内では、車内販売もあり、グッズや飲み物などが販売されています。トイレも車椅子対応のトイレがありました。

そして、なんといっても、いさぶろうは観光列車です。
車内では観光アナウンスが流れますし、いさぶろうしんぺいの記念パネルを持っての記念撮影なんかもできます。

他にも、沿線の真幸駅・矢岳駅・大畑駅では、その駅舎などをプチ観光するために数分間停車します。このため、いさぶろうしんぺい号でない普通列車がこの区間が1時間前後なのに対し、いさぶろうしんぺい号は20分ほど長くかかります。

さらに、日本3台車窓の場所では、停車してくれます。なので、あわてずに写真を撮ることができます。私の時は、雨で全然でしたが、そこには、解説パネルも設置されています。晴れたら霧島連山とえびの盆地が一望できるようです。見たかったです。

なお、「いさぶろう」号の名前の由来は、人吉駅-吉松駅間が建設された当時の逓信大臣であった山縣伊三郎です。ちなみに、「しんぺい」が同区間開業当時の鉄道院総裁であった後藤新平の名前です。

最後に、いさぶろうの座席の予約は、JRのみどりの窓口で指定席として取れます。

2014年8月上旬

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ