スーパー白鳥のグリーン車

函館駅と新青森駅を結ぶ特急スーパー白鳥号のグリーン車に乗車した際のレポートです。

スーパー白鳥

函館駅で停車中のスーパー白鳥

まず、特急スーパー白鳥の説明を簡単にします。
スーパー白鳥は、東北新幹線と函館を結ぶ本州北海道連絡特急です。
東北新幹線が八戸までだった時は、八戸と函館を結んでいました。
ゆえに、新函館北斗駅までとはいえ北海道新幹線が開業すると、スーパー白鳥は廃止されます。

スーパー白鳥は、緑色の特徴的な車体になります。
函館と新青森の距離は165kmくらいなのですが、間の停車駅は、木古内・蟹田・青森だけです。中には、五稜郭と津軽今別に停車するのもあります。

そして、青函トンネル内は、時速140㎞という高速で駆け抜けるため、大体25分で通過します。青函トンネルは、レールの継ぎ目がないのでガタンゴトンというあの音がなくなります。

スーパー白鳥の簡単な説明は以上です。

車体の横には、本州と北海道を結ぶ列車という絵が描かれています。

車体の横には本州と北海道を結ぶ列車という絵が描かれてます。

普通車の座席背面

普通車の座席背面には青函トンネルの説明が!

で、私は、函館駅から青森駅まで、スーパー白鳥のグリーン車に乗車しました。

スーパー白鳥のグリーン車は、函館駅寄りの1号車の半室です。1号車の残りの半室は普通車指定席です。

スーパー白鳥のグリーン車室

スーパー白鳥のグリーン車室

1号車の先頭部には乗降口があるので、乗車時に1号車普通指定席へグリーン車室を通り抜けする人がいます。ちょっとだけ落ち着けません。

まずは、座席配置ですが、通路を挟んで1席と2席の配置で5列並んでいます。全部で15席というプレミアムな空間になっています。

席は、青森駅方面に向かって左手が2席で、反対が1席構造です。1人席の方がA席で、2席の窓側がD席・通路側がC席です。B席はありません。席番号は、青森駅方面から5・6~9となっています。

私の座席は、二人席のD席函館寄り一番後ろの9Dでした。

グリーン車の座席自体は、革張りでかなり大きく、ゆったり座れます。
もちろん、フットレストもあります。
テーブルは、インアーム式で、座席を覆う形ですので、なかなか広いです。

スーパー白鳥のグリーン車の座席

スーパー白鳥のグリーン車の座席

あと、コンセントも付いていますので、充電にも困りません。
さらに、一部の列車を除いて、車内販売もあります。

スーパー白鳥からの車窓ですが、二人席のD席が海側なので、海岸の景色を楽しむことができます。
特に、五稜郭駅と木古内駅間は、なかなかの景色です。
この海側の景色が見たくて、私は一人席でなく、2人席の窓側D席にしました。

そもそもド平日の昼間なので、隣には人は来ないだろうと予想していました。そして、実際にグリーン車は15席しかないのにもかかわらずガラガラでした。ちなみに、普通車も空いていました。

なので、私のおすすめのグリーン車の座席は、車窓を楽しみたいのであればD席です。

なお、スーパー白鳥には、一部列車を除いて車内販売があります。非常にありがたい。

そして、スーパー白鳥のグリーン車料金は、JR北海道とJR東日本のどちらになるのか?という疑問を持っていたのですが、切符を買ったらJR北海道のグリーン料金ということが分かりました。JR東日本のグリーン車料金はちょっと安いので残念です。

最後に、ほんとちょっとしたどうでもいいことなのですが、緑色(グリーン)の車体のスーパー白鳥のグリーン車は、グリーングリーンで気分的に面白いと思いました。

以上が、スーパー白鳥のグリーン車に乗車した際のレポートです。

2015年2月中旬

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ