ポッポのお宿の宿泊レポート

ポッポのお宿は、長野県大町市にあるとほネットワークに加盟している相部屋民宿です。

とほ宿とは、北海道を中心に旅人どおしの交流を楽しめるように工夫された、一人旅歓迎の男女別相部屋の旅人宿です。ユースホステルの民宿バージョンですね。

しかし、オーナーさん自体も旅人だったりして、ユースよりもさらに旅人が楽しめるような宿になっています。実際にオーナーのポッポさんも年に数回旅に出ているようです。

ポッポのお宿は、北海道以外にある数少ないとほ宿のひとつです。
そのポッポのお宿に宿泊した個人的な口コミというかレポートです。

ポッポのお宿

正面から見たポッポのお宿

まず、ポッポのお宿とは、オーナーのポッポさんが経営する宿という意味です。ちなみにポッポとは、鳩ポッポではなく汽車ポッポの鉄道という意味です。

そのせいか、食堂や談話室には鉄道グッズがいくつか並んでいます。なんと、ポッポさん、昔、列車の中に温泉を作ってテレビに取り上げたこともあるという経歴があります。

ポッポのお宿には鉄道グッズがあちこちに!!

ポッポのお宿には鉄道グッズがあちこちに!!

さて、ポッポのお宿の場所は、大町市の中心街から5kmほど離れた県道31号線沿いにあります。宿の前からは、手前の山の向こう上に北アルプスの先っちょが見えます。駅からは離れていますが、あらかじめ頼んでいればJR大糸線の稲尾駅まで送迎もしてくれます。

ポッポのお宿の食事ですが、旅人の腹が減らないようにという思いを持っており、腹いっぱいになるようなボリュームです。写真では分かりにくいのですが、主役級のおかずが3品あります。

ポッポのお宿の夕食

夕食。これ以外にもみそ汁とたっぷりの鍋が。

rel="nofollow"> さらに、写真には写っていませんが、みんなで食べるたっぷりの鍋もあります。
もちろん、ご飯のおかわりもできます。

このボリューム満点の夕食をみんなでワイワイお酒でも飲みながら食べます。
ポッポさんも旅人と一緒に食べます。
もう、腹いっぱいの極みですよ。

お酒の持ち込みは自由ですので、私はいつもビールや焼酎を持ち込んでいます。

でも、ポッポさんは痛風でプリン体がダメなので、焼酎しか飲みません。
なぜだか、プリン体0のビールも飲みません。
だから、焼酎を持ち込むと喜ばれます。

食事の後、一息ついたら、談話室で飲み会です。
もちろん、飲めなくても構いません。

ポッポのお宿の談話室

ポッポのお宿の談話室。ここで旅話に花が咲きます。


おもに、旅の話で盛り上がります。とくに北海道の話です。
現役の旅人でもあるポッポさんの話がさく裂します。
ちなみに、ポッポのお宿の各部屋の名前は、北海道の旅人宿の名前がついています。

楽しい飲み会なので、油断していると次の日に二日酔いになるくらい飲んでしまいますので、気をつけましょう。

そんな感じで夜は更けていきます。

翌日は、朝食を食べて、コーヒーとか飲んで一息ついたら出発です。
朝食は、いたって普通です。夕食みたいにボリューミーなおかずだとさすがにつらいです。

ポッポのお宿の朝食

ポッポのお宿の朝食

もちろん、ご飯とみそ汁のおかわりはできるので、腹いっぱいで出発することができます。

以上が、ポッポのお宿の宿泊レポートです。
あ、そうそう。宿泊料金は1泊2食で4800円です。安い。
私は、ポッポのお宿が気に入ってリピーターになっていますが、正直、合う合わないがあるかな~っていう感想はあります。

あと、平日は他の旅人がいることが少ないので、宿泊するなら土曜日や祝前日がおすすめですよ。

2014年10月上旬

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ