メールドグラスの氷河トレッキング



メールドグラスは、モンブランから約12kmにわたって、流れ下る大氷河です。

モンブランの氷河と言えば、まさにココです。写真やテレビで見たことがある人も多いと思います。

ですが、このメールドグラスは、地球温暖化の影響をもろに受けて、氷河がどんどん後退しています。

そのメールドグラスの上を、氷河トレッキングしてきました。
その氷河歩きレポートです。

メールドグラスへは、アプト式の登山鉄道で標高1913mのモンタンベール駅へ行きます。

モンタンベールに行く登山列車

モンタンベールに行く登山列車

登山列車から眺めるシャモニーの街

登山列車から眺めるシャモニーの街

モンタンベールは、素晴らしい景色が広がります。

まあ、なんといってもメールドグラスです。
「これこれ!」っていう景色が広がっています。

メールドグラス

モンタンベールの展望台から見るアルプスの氷河の代表格メールドグラス

メールドグラスの奥には、アルプスの3大北壁のひとつがあるグランドジョラスがそびえています。

そして、すぐ近くの正面にあるドリュ針峰の尖がった雄姿が素晴らしい。

ドリュ針峰

ドリュ針峰。槍ヶ岳もびっくりの尖がり方です。

モンタンベールからゴンドラで下りると、氷の洞窟なんていう名所もあります。

そこには行かず、まずは、モンタンベールから横に進んで行きます。
その先は、梯子の連続で、慎重に一枚岩を下りていきます。
一枚岩なので、落石の心配がないので助かります。
ですが、滑落注意です。

岩壁の梯子

岩壁を梯子で100m下ります。滑落注意!

氷河に降り立つと、石や岩で覆われていて氷河という感じがしませんが、その下は確かに氷です。
雪とかじゃないです。完全に氷です。

遠目には石と岩でも間違いなく氷です

遠目には石と岩でも間違いなく氷です。

そこをクレバスに気をつけて進んで行きます。

クレバス

メールドグラスのクレバス

氷河歩きといっても、砂や小石が氷の上に散らばっていますので、アイゼンが無くても大丈夫です。

もちろん、どんどん上に行くと必要になりますし、最初の部分でもある方がいいとは思います。

最初の部分しか歩きませんでしたが、川があったり、氷河の年輪を見ることができたり、日本ではできない素敵なトレッキングになりました。

氷河の年輪

ちょっと分かりにくいですが、氷河の年輪です。

グランドジョラス

氷河上から見るグランドジョラス

メールドグラス上から下を望む

メールドグラス上から下を望む

モンブランを登山してからの自由行動日があるような場合は、メールドグラスの氷河歩きもいいと思います。

もちろん、氷河歩きをしなくても、モンタンベールからの景色を眺めて、氷の洞窟を見て、ドリュ針峰を眺めながら昼食を取るのも素敵な観光だと思いますよ。

2016年7月上旬


目で見て学ぶ登山教室

登山は、道具選びから技術の身につけ方次第で、大きく疲れ具合や楽しみ方が変わります。それらを知らないと危険な上にただの苦行でしかありません。

しかし、実際にそれらをきちんと教わる機会はほとんど存在していません。
そこで、まさにうってつけのDVDとテキストから構成された分かりやすい登山教室を紹介します。

それを見て登山を学び、登山ライフを楽しみましょう。
登山ができると、旅行の幅がう~んと広がりますよ。

あの有名なアルピニスト野口健も推薦する登山家 小西浩文の
『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ