中国100名山の金木山登山



金木山は、島根県浜田市にある標高720mの山で、中国100名山の一つでもあります。

この金木山は、中国100名山のひとつでありながら、分県登山地図の島根県版には載っていない山なので、そんな有名な山ではないのかなとか思いながらも、中国100名山完登を目指している私には、外すことができない山なので、登ってみました。

その金木山を登山した時の登山レポートです。

金木山の登山口は、金木山の南側になります。県道52号線横に案内板があり、そこから登山口に向けて1車線の道が延びていて、その行き止まり辺りが金木山登山口になります。

登山ルートは、これ1本だと思います。

登山口には、2~3台ほど停めることができるスペースがありますが、完全1車線の上に、途中から未舗装になりますので、県道52号線に停めるか、その道に入って、ところどころある駐車できそうな広いところに、さっさと停めた方が無難だと思います。

登山口に続く道

登山口に続く道。途中から未舗装です。

一応、登山口の地図を載せておきます。

ちあみに、私はバイクにもかかわらず、登山口手前500mくらいの所で停めて、歩いていきました。

とにもかくにも登山開始です。登山口からは、竹林の中、細めの登山道がまずは、横に延びています。入口付近が、ほんのり茂っていたので、、これは大変な道のりになるのかなと思いきや、その先は快適な分かりやすいはっきりした登山道でした。

金木山登山口

金木山登山口

まずは竹林を抜けていきます。

ある程度進むと、まっすぐな急登になります。頼りないロープですが、ロープも張っています。

ロープはなくても大丈夫なのですが、階段状になっていないので、結構登りにくいです。下りは気をつけないといけません。

急登区間

ロープが張ってある急登区間。

その区間を過ぎるて、さらに登ると、道は緩やかになり、そして金木山山頂に着きました。
山頂自体は狭いのですが、その奥から北側の展望が開けています。

金木山山頂

金木山山頂。奥から展望を望むことができます。

景色は、悪くはないのですが、周りが多少標高があるのに加えて、金木山自体も高くありませんので、標高400mくらいの山からの眺めという感じです。この時、天気が微妙だったので、奥にうっすら日本海が見えていたのかなという感じでした。

金木山山頂からの景色

金木山山頂からの景色

さて、この時がたまたまだったのかもしれませんが、山頂にブト・ブユといった虫がいませんでした。なので、山頂で昼寝をしました。奴らがいると、昼寝をしている間に、肌を出している部分を思いっきり食われますから!

で、下山です。
下山は、あっという間でした。

というか、金木山登山自体があっという間に登れます。私は、そこそこ早いので、コースタイムは参考にならないかもしれませんが、よほど遅くない限りは、1時間半もあれば、十分登って下りてこれるのではないかと思います。

ちなみに、この日は日曜日だったのですが、すれ違ったのは1人のみでした。なので、そこまで人気がある山というわけではなさそうです。

金木山は、中国百名山をやっている人は、見逃せない山ですが、登りごたえもイマイチですし、景色も普通。わざわざ遠くから登りに行くような山ではないかもしれません。

でも、ですね、唯一すれ違った登山者の車は福島ナンバーでした。どっしぇー!

ということで、決して悪い山ではないということです。
余力があればぜひ!

コースタイム 登山口 → 35分 金木山山頂 → 25分 登山口

2020年5月下旬


注目!30%楽に登れるようになる見て学ぶ登山教室

登山は、道具選びから技術の身につけ方次第で、大きく疲れ具合や楽しみ方が変わります。それらを知らないと危険な上にただの苦行でしかありません。

しかし、実際にそれらをきちんと教わる機会はほとんど存在していません。
そこで、まさにうってつけのDVDとテキストから構成された分かりやすい登山教室を紹介します。

それを見て登山を学び、登山ライフを楽しみましょう。
登山ができると、旅行の幅がう~んと広がりますよ。

あの有名なアルピニスト野口健も推薦する登山家 小西浩文の
『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

あのライザップが自宅で割安でできることを知っていますか!?



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ