九州新幹線つばめの自由席



九州新幹線つばめの自由席に乗車した際のレポートです。

熊本駅に停車中の九州新幹線つばめ

熊本駅に停車中の九州新幹線つばめ

九州新幹線つまめは、博多駅と熊本駅を結ぶ全駅停車の新幹線です。
私が乗ったのは、新玉名駅と熊本駅の一区間だけです。

つばめのすごいところは、自由席といえど横4列シートなんですね。
これは、他の新幹線ではありません。

横4列ってグリーン車と同じですよ。
ただし、シートピッチ(座席の前後感覚)はグリーン車の方がかなり広いです。
といっても、新幹線はシートピッチが1mちょっとありますので、自由席離れしたゆったり感を味わえます。

ちなみに、他の九州新幹線の「さくら」「みずほ」の普通車も、指定席に限って横4列シートです。
JR九州って太っ腹です。

つばめの車内

つばめの自由席車の室内。落ち着いた雰囲気です。

で、熊本駅に向かって左手の窓側がA席で、通路側がB席です。
反対側の窓側がD席で、通路側がC席です。
まあ、自由席だから関係ないのですが、指定席も同じ座席配置になります。

座席はというと、横から見ると薄っぺらい感じですが、座り心地は悪くありません。

つばめの座席

つばめの座席。横4列ですが、グリーン車の方が横幅もやや広いです。

座席のデザインも面白いですね。
座席だけではなく、つばめの車内には木がたくさん使われています。
ゆえに、車内はかなり落ち着いた雰囲気です。

本当に、ツバメは特徴にあふれた新幹線です。

テーブルは、インアームの小さな半テーブルです。
この小ささが残念です。

でも、座席背面にはマガジンラックもありますし、フックも付いています。

前の座席を見た所

前の座席を見た所。木が使われています。フックもマガジンラックもあります。

窓側であれば、窓枠にもペットボトルを置くくらいのスペースが用意されていますので、なんとか我慢できます。

コンセントですが、基本的にありません。
基本的にというのは、最前列と最後列の車両の壁(妻壁)にはコンセントがあるからです。

車内販売は、新幹線なのにありません。
まあ、距離が短いので仕方ないのかもしれません。

で、つばめからの新玉名駅-熊本駅間の車窓ですが、D席は、かすんでいなければ雲仙岳が望めます。
反対のA席だと、熊本城が見えます。

以上が、九州新幹線つばめの自由車に乗車した際のレポートです。

2015年8月上旬

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ