大川嶺ー笠取山ハイキング登山



大川嶺と笠取山は、愛媛県内子町と久万高原町の境にある山です。

標高は、大川嶺が1525mで笠取山は1562mですが、大川嶺の方は四国100名山に選定されています。

この大川嶺と笠取山は、1500mくらいの地点まで車で行くことができ、そこから気持ちのいい爽やかな笹原を縦走するという感じの登山になります。いや、完全にハイキングだな。

なので、ファミリーでハイキングするにはもってこいの山だと思います。

でも、高い標高まで行くことができる四国の道ってたいてい急坂の1車線というのが定番です。しかしながら、大川嶺は、道がかなりいい!

美川から大川嶺への県道328号線は、路面の状態もよく、1.5車線くらいの道幅があります。2車線区間もけっこうあります。それで、大川嶺の直前まで来ることができます。

なお、2020年現在、大川嶺から先の国道440号線までは走り抜けることができず通行止めとなっています。

328号線の上部は、元牧場か何かで、景色のよい気持ちのいい草原状で、ハイキングしなくともドライブで来る価値があります。

で、登山ですが、県道328号線から先のわずかな区間は、道が細くなります。

駐車場は、笠取山のすぐ下にあります。道から右上に50mほど道が延びていますので、そちらへ行ってください。そこを間違えると、向きを変える場所がないのでバックで戻ってくることになります。

駐車場からは、5分とかからず笠取山山頂に着きます。

笠取山山頂

笠取山山頂

そして、戻る形で、笹原を縦走していきます。

いくつかの丘を越えますが、アップダウンも小さくとても楽な縦走です。景色もいいです。本当に、気持ちがいいです。

ただ、笹で足元が見えない区間がけっこうあります。ストックや杖があると便利でしょう。

縦走路

最初は道も明瞭です。

縦走路一の上り。道も平均するとこれくらいは茂っています。

大川嶺が見えてきました。

そして、約30分で大川嶺に到着です。

大川嶺山頂

大川嶺山頂

大川嶺からの景色


大川嶺から笠取山

大川嶺から笠取山を振り返る。1㎞以上は離れています。

大川嶺からは、すぐ下の道に下りて、その道を歩いて笠取山下の駐車場まで戻ります。

大川嶺から30分とかからず、戻ることができました。

総評として、登山としての楽しみはありませんが、ハイキングとしては最高のコースだと思います。

大川嶺からスタートする逆回りもいいのですが、道の広いところに停めないといけないのと、大川嶺への登山口がよく分からない。看板とかないので、人が歩いた後があったらそれが道だと思ってください。

なので、笠取山からスタートする方がいいと思います。

笠取山だけ登る、大川嶺だけ登るというのも手軽でいいのですが、個人的には、縦走することをおすすめします。

ちなみに、トイレはありませんので、道の駅みかわ等で済ませておくとよいでしょう。

コースタイム 駐車場 → 5分 笠取山山頂 → 30分 大川嶺 → 30分 駐車場

2020年6月上旬


注目!30%楽に登れるようになる見て学ぶ登山教室

登山は、道具選びから技術の身につけ方次第で、大きく疲れ具合や楽しみ方が変わります。それらを知らないと危険な上にただの苦行でしかありません。

しかし、実際にそれらをきちんと教わる機会はほとんど存在していません。
そこで、まさにうってつけのDVDとテキストから構成された分かりやすい登山教室を紹介します。

それを見て登山を学び、登山ライフを楽しみましょう。
登山ができると、旅行の幅がう~んと広がりますよ。

あの有名なアルピニスト野口健も推薦する登山家 小西浩文の
『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

あのライザップが自宅で割安でできることを知っていますか!?



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ