最短ルートでの白木山登山



白木山は、広島県広島市にある標高889mの山で、中国100名山の一つでもあります。

この白木山は、標高の割に標高差が大きく急登で登り応えがあり、訓練登山としても利用されています。

広島市の中心街からも近く、景色がよい事でも知られていますので、広島市在住で登山が趣味という人は、まず登ったことがある山だと思います。

そんな白木山ですが、いくつか登山ルートがありますが、裏技ともいえる最短コースが存在しています。

その最短コースで白木山を登山した時の登山レポートです。

白木山の最短コースの登山口への行き方は、白木山山頂の北東部にあり、文章で説明すると難しいので、地図を付けておきます。

峠の分岐で、林道に入ります。

地図を見ても、道が載っていないので分かりにくいですが、簡単に説明すると、白木山の北側を東西に超えている道があります。その峠から舗装林道が延びています。

ちなみに、道はほとんど舗装していますし、極狭路ということもなく思ったより快適です。

細めの道を進んでいきます、道はひどくはないです。

白木山登山口には、駐車場的なスペースがあります。10台くらいは停められるのではないでしょうか。

白木山の最短登山ルートの登山口

白木山の最短登山ルートの登山口。

そこから、白木山登山道の案内に従って、登っていきます。

なお、登山口から先も林道は続いていて、林道を最後まで進んで行った突き当りが、本当の最短登山口になりますが、ものすごく荒れた未舗装路なので、オフロードでないと無理というか、オフロード走行に慣れた人でないと厳しいです。おまけに駐車場もありません。

なら、林道を歩いて行けば楽なのでは?と思う人もいると思いますが、そのダート林道よりも、登山道の方が歩きやすいです。

話を戻して、登山道は、林道の上に沿うように続いています。石もなく、落葉で柔らかいはっきりとした登山道で、ものすごく快適です。

登山道

登山道は、きわめて快適です。

しばらく進んだら、下からの道と合流し、一気に登り始めます。といっても、登山と考えたら何とも楽です。

そして、尾根道に出ます。そこを左に折れ、白木山山頂を目指します。

その先に、ロープが張ってある直線の急登区間があります。といっても、ロープはいりません。

とにかく、まっすぐ道は続いていて、たんたんと進んでいくと、白木山山頂に登頂しました。

白木山山頂は、かなり広めで、神社と携帯かなんかの無線塔と立派な休憩舎があります。さすがに、トイレはないです。

白木山山頂

白木山山頂

しっかりとした休憩舎

避難小屋レベルの休憩舎

山頂からの景色ですが、素晴らしいです。

この日は、微妙な天気だったんですが、瀬戸内海まで望むことができました。晴れて空気が澄んでいれば、どれほどの景色なのやら。

眺めはものすごくいいです。

東方面の景色

東方面の景色

白木山山頂は、芝生状なので昼寝をするに打ってつけだとおもいます。

メインルートの白木山駅へは、3.7㎞の距離と看板が出ていました。そのルートだと大変だろうけど、自分が登ってきた最短ルートでは、ピクニック感覚で山頂に立つことができます。

しばし景色を楽しんだのち、往路を戻ります。

そして、あっという間に下山できました。

白木山は、広島市周辺で登山をしていて、まだ登ったことがないというのであれば、おすすめできます。すごくいい山だと思います。

私みたいに、最短楽々コースでなければ、登りごたえもありますよ。

コースタイム 登山口 → 35分 白木山山頂 → 25分 登山口

2018年3月下旬


注目!30%楽に登れるようになる見て学ぶ登山教室

登山は、道具選びから技術の身につけ方次第で、大きく疲れ具合や楽しみ方が変わります。それらを知らないと危険な上にただの苦行でしかありません。

しかし、実際にそれらをきちんと教わる機会はほとんど存在していません。
そこで、まさにうってつけのDVDとテキストから構成された分かりやすい登山教室を紹介します。

それを見て登山を学び、登山ライフを楽しみましょう。
登山ができると、旅行の幅がう~んと広がりますよ。

あの有名なアルピニスト野口健も推薦する登山家 小西浩文の
『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

あのライザップが自宅で割安でできることを知っていますか!?



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ