津志嶽登山



津志嶽は、徳島県つるぎ町にある標高1494mの山です。

津志嶽は、剣山から見ると、ラクダのこぶのような山頂をしており、なかなかに特徴のある山です。

この津志嶽を登山した時の登山レポートです。

津志嶽の登山口は、久藪集落にあります。
国道438号線を走っていると、石鉄山と書かれた赤い鳥居が建っている道があり、その道をどんどん上っていきます。

国道438号線との交差点

国道438号線との交差点。鳥居の方に上っていきます。

途中、分岐もあるのですが、案内もあります。

で、その道の終点が津志嶽の登山口になります。
車を停めることが事ができるスペースはあるのですが、車の回転場なので、駐車禁止です。


津志嶽登山口

津志嶽登山口。案内の看板もあります。

駐車場は、約500m手前のお堂になります。登山口にそう案内されています。
お堂には、20台くらいは停めることができるのではと思います。

お堂のところには、きれいな公衆トイレもあります。なので、車の人はここを登山口と考えましょう。

お堂

お堂。ここが駐車場です。左奥が公衆トイレ。

さあ、登山開始です。
登山口から、津志嶽の山頂までは900mほどの標高差がありますので、楽な登山ではありません。

まずは、作業用のモノレールの脇を平坦に進んでいきます。

モノレール横

まずは、モノレール横を進んでいきます。

その先に滝があり、そのあたりから上りになります。

滝

右手に滝が見えます

かつて家が建ってたであろう石垣の脇を登っていきます。

かつて家があったと思われます

足元はかなり悪いです。
そして、深い杉林の森の中なので薄暗い。夕方になると、ヘッドランプがいるのではと思わせるくらい暗いです。

登山道

足場の悪い登山道が続きます

おまけに、道がやや分かりにくい。
リボンを目印に進んでいきます。多少逸れることはあっても、目印さえ確認していけば問題ないと思います。

そんな感じで登っていきますが、結構急で、ひたすら上りです。

そして、ついに稜線まで登り切りました。
とりあえずはひと段落です。

稜線の縦走路

稜線の縦走路に到着しました。

そこを左に行くわけですが、右に10分で秋葉山らしいです。
私は、目もくれず津志嶽を目指しました。

しばらくは比較的平坦な尾根歩きです。

尾根道

しばらく尾根道です

ほどなくして、津志嶽神社のお堂に到着します。

津志嶽神社のお堂

津志嶽神社のお堂

そこを過ぎて、やがて尾根の北側を進んでいきます。といっても、ほぼ尾根です。
ただ、この辺りから落葉のために道が分かりにくい所がままあります。

道が分かりにくい

そして、鉄塔に到着します。
鉄塔は、かなり開けていますので、ここで小休止します。

鉄塔

鉄塔

鉄塔を過ぎると、ちょっと上りになります。
その先で、今度は尾根の南側を進んでいきます。その入口辺りに、落ちないようにワイヤーや鎖を張ってくれている箇所があります。とても親切です。

ワイヤーと鎖

ワイヤーと鎖が張ってある所

やがて、津志嶽シャクナゲ郷土の森という看板がある所に到着します。

津志嶽シャクナゲ郷土の森

津志嶽シャクナゲ郷土の森

ここがちょっとポイントで、登山道は左斜め後ろに大きく曲がります。
そこには小さな沢があり、それをまたいでいきます。

落葉しているとほとんど登山道感がありませんので、まっすぐ進みそうになります。
リボンも乏しいので、油断していると迷います。

そして、その少し先で道は再び大きく曲がり尾根道を進んでいきます。
久しぶりに急な上りです。
道はやや分かりにくいのですが、リボンがそこそこあるので問題ないです。

尾根道の急登

尾根道の急登

で、ピークに到着します。
最初、津志嶽山頂に着いたかと思いました。

ピークからは木々の間の道を進んでいきます。
少し下って、再び上りです。

それにしても、シャクナゲと思われる木がたくさんあります。
5月のシャクナゲの時期はとてもきれいだと思います。

で、手を使うようなちょっと急な上りを登り切ったら、今度こそ山頂かと思いきや、まだでした。

津志嶽登山最大の急登

津志嶽登山最大の急登

でも、そこからは山頂は遠くはありません。

そして、ついに本物の津志嶽山頂に到着しました。
最初のピークから結構距離がありました。

津志嶽山頂

津志嶽山頂

津志嶽山頂はやや広めです。
景色はほどんど広がりませんが、落葉しているので、ちらちらと望めます。
黒笠山
なんかも見えます。

ただ、この最後の尾根道の途中に、多少視界が開ける場所がありました。
そこからは、落葉しているおかげで、剣山や吉野川方面の下界を望むことができました。

吉野川方面を望む

吉野川方面を望む

剣山方面を望む

剣山方面を望む

しばし、休憩し、来た道で下山します。
津志嶽山頂から先にも道は続いていました。黒笠山方面への縦走路だと思います。

下山は、登っているときに、わざと落葉を散らしていたり、ややこしい所は枯枝で目印を付けていたので、ほとんど迷うこともなく下山できました。

ただ、秋葉山方面との分岐から先の下りは、15時過ぎだというのに、予想通りかなり暗かったです。なので、日が沈む2時間前には通過しておいた方が絶対にいいですよ。

そして、下山しました。

津志嶽は、なかなか登りごたえがありました。標高差も小さくないし、距離もそこそこあるので、富士登山等のトレーニングとしては打ってつけの山だと思います。

展望はいまいちですが、なかなか楽しめました。

でも、やっぱり津志嶽に登るのであれば、シャクナゲの時期ですよ。

以上、津志嶽登山レポートでした。

以下コースタイムですが、暗くなると厄介と判断した為、急ぎ気味でのタイムです。

コースタイム 登山口 → 50分 稜線 → 30分 鉄塔 → 50分 津志嶽山頂 → 40分 鉄塔 → 25分 稜線 → 40分 登山口

2017年11月上旬

目で見て学ぶ登山教室

登山は、道具選びから技術の身につけ方次第で、大きく疲れ具合や楽しみ方が変わります。それらを知らないと危険な上にただの苦行でしかありません。

しかし、実際にそれらをきちんと教わる機会はほとんど存在していません。
そこで、まさにうってつけのDVDとテキストから構成された分かりやすい登山教室を紹介します。

それを見て登山を学び、登山ライフを楽しみましょう。
登山ができると、旅行の幅がう~んと広がりますよ。

あの有名なアルピニスト野口健も推薦する登山家 小西浩文の
『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ