特急スーパー北斗のグリーン車

札幌駅と函館駅を結ぶ特急スーパー北斗号のグリーン車に乗車した際のレポートです。

スーパー北斗

札幌駅に停車中のスーパー北斗

このスーパー北斗号は、JR北海道内においてのドル箱なんていわれることもあるくらい結構乗車率がいいです。

スピードも速く最高時速は時速130㎞ですと言いたいのですが、相次ぐ車両不具合の為に、今は時速120㎞の減速運転となっています。でも、そのうち時速130㎞に戻ると思います。

さて、スーパー北斗のグリーン車ですが、3号車の1両がグリーン車になります。

座席配置は、1人席と2人席の横3列構造で、全部で9列あります。
席番号は、函館駅方面から見て9・8~1となっています。

スーパー北斗のグリーン車室内

スーパー北斗のグリーン車室内

で、座席配置がちょっと変わっていて、真ん中の5の所を境にして一人席と二人席が入れ替わります。
これはスーパーおおぞら号のグリーン車と同じ構造です。

通常のグリーン車だと、片側が一人席なら全部一人席という風になりますが、これだと、北海道の雄大な車窓を、席の配置で制限されることがなくなります。なかなかいいですね。

ただ、説明がちょっと面倒です。

函館駅方面に向かって、左手の窓側がD席で通路側がC席です。反対の窓側がA席で通路側がB席です。

5番のみ両方が一人席で、そこで一人席と二人席の配置が入れ替わります。その5番のみ一人席しかなく、5D席と5A席になります。

函館駅に向かって1~4番までの左手の海側が二人席で、反対側は一人席のA席になります。
で、5番は先ほど言った通り、一人席のみで、その先6~9は、函館駅に向かって左手が一人席のD席で、反対側が二人席になります。

ちょっと分かりにくいので、スーパー北斗のグリーン車の座席配置図を入れておきます。

スーパー北斗のグリーン車座席配置図

スーパー北斗のグリーン車座席配置図。左が函館駅方面。


という感じの、全部で26席のプレミアムな空間です。

rel="nofollow"> スーパー北斗のグリーン車の座席は、リニューアルして間が立っていないせいか、使い込まれた感がありません。
そして、このリニューアルグリーン座席は、噂にたがわず素晴らしい。

まず、座席自体は、かなり大きく、ゆったり座れます。そして何より、頭の位置がくる横がちょっと出ているんですね。これにより、通路を歩く人からちょっとした目隠しというかほんの少し顔を隠せるので、プライベート空間感が増します。

これは素晴らしいですね。
もし、最長シートピッチを誇る特急いなほのグリーン車座席がこの構造だったら、半個室の気分になれそうな気がします。

シートピッチは当然広く、高さを調節できるフットレストもあります。

次に、枕の部分ですが、上下します。
すいません言葉が足りませんでした。
レール式で上下します。

普通のグリーン車座席の枕部分も上下しますが、うらのゴムバンド式みたいなのばかりで、頭を動かすと位置が変わったりします。スーパー北斗は、レール式なので、好きな位置で固定され位置が変わることがありません。

スーパー北斗の座席

スーパー北斗のグリーン5D座席

テーブルは、よくある座席背面式のテーブルです。
しかし、他よりすごい。

まず、でかい。グルメ大国北海道においてテーブルが小さいのはNGです。このテーブルは、弁当とドリンクを広げても余りそうな大きさですし、大きめのノートパソコンも置くことができます。

で、そもそもアームに引き出し式のドリンクホルダー自体もありますし、座席背面のマガジンラックもあり、さらに窓の所にも、小物であれば置くことができるくらいの幅がありますので、座席周りには相当荷物を収納することができます。当然、コートフックもあります。

そして、テーブルを前後することができます。これによって、あなたの好きなポジションを作ることができ、体格の違いをカバーできます。

スーパー北斗のテーブル

スーパー北斗のテーブル

あとは、細かいものとして読書灯もありますし、コンセントもあります。
大きいテーブルとコンセントがあることで、パソコンで仕事をしながら移動することもできます。

本当に、申し分ないグリーン車です。なるほど、スーパー北斗とスーパーおおぞらのグリーン車の稼働率が高いのは納得できます。JR東日本とJR東海のクソみたいな横4列グリーン車とは雲泥の差ですね。

そして、スーパー北斗には、一部を除いて車内販売もあります。
おすすめは、サッポロクラシックという北海道限定ビールと車内販売限定のサーモンジャーキーを買って飲むことですね。

さらに、なんといってもJR北海道にはグリーン車サービスがあります。
2015年3月31日をもって、JR北海道内のかなりの列車からグリーン車サービスが廃止されましたが、スーパー北斗では一部列車を除いて残っています。

まず、乗車したら、ひざ掛けを利用するか聞いて回ります。
その後は、何種類かの雑誌を持って、同じようにいるかどうか聞いてくれます。

それから、おしぼりも配ってくれます。

最後は、ドリンクサービスです。
たしか、コーヒー・紅茶・オレンジジュース・お茶があったと思います。

私はホットコーヒーを頼みました。
このドリンクサービスは、その時でなくても、後でもらうことができるんですね。
なので、私は、「長万部駅を出たころに持ってきてください」と頼んだら、長万部駅を出た後で持ってきてくれました。

いや、最高ですよ。スーパー北斗のグリーン車は。

で、スーパー北斗からの車窓ですが、D席は何と言っても海の景色ですね。ほかには、駒ヶ岳や大沼もいいですね。

反対のA席だと、樽前山や昭和新山と有珠山のセットなどの山々がいいです。あと、空気が澄んでいたら羊蹄山も見ることができます。

とくに、札幌行き下りスーパ北斗になるのですが、森駅-八雲駅間では噴火湾越しに羊蹄山が見えるのは最高ですよ。

ということで、おすすめの座席は一人なら5D席か5A席です。個人的には、海の景色が好きなので5D席です。二人席なら、海の景色が好きかどうかで決めるといいでしょう。ただし、海側だと日差しがあるという事を忘れないでください。

以上が、特急スーパー北斗のグリーン車に乗車した際のレポートです。

2015年2月中旬

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ