特急南風のグリーン車1C席



岡山駅と高知駅を結ぶ特急南風のグリーン車の1C席に、JR四国のバースデイ切符を使って乗ってきました。乗車区間は、児島駅から高知駅までです。

その乗車レポートです。

南風のグリーン車は、高知よりの1号車の前側の半室で、通路を挟んで1席と2席の配置で6列並んでいます。全部で18席です。

席は、高知駅方面に向かって左手が1席で、反対が2席構造です。1席の方がC席で、2席の窓側がA席・通路側がB席です。席番号は、高知方面から1・2~6となっています。

私の席は1Cです。つまり高知方面に向かって1番前の左手の1人掛けの席という事になります。切符を取る時に、この席(1C)を指定して取りました。

なぜなら、1C席でも、席に座ったまま前面展望も横の車窓も楽しむことができるのでは推測したからです。本当は、1A席を指名したのですが、すでに埋まっていて取れませんでした。

で、実際に1C席に乗った感想ですが、南風の運転席越しに前面展望が見えるかもと思っていましたが、グリーン車と運転席の間には、乗降口があるので、その分前面展望まで距離があります。おまけに運転席がかなり邪魔をして、前面展望は右にカーブしている時くらいしか見えないと言っていいくらいダメでした。

南風のグリーン車

南風のグリーン車1C席からの前面展望

ちなみに、1A席だと、前面展望も横の展望も眺めることができます。
なので、南風のグリーン車で最高の車窓を楽しみたいのであれば、1A席がおすすめです。
参考までに、1B席でも前面展望を望めますが、1A席ほどではありません。ギリギリといったところです。

次に、横の車窓ですが、C席は瀬戸大橋の景色がいいです。他には、小歩危で吉野川を望むことができます。
反対のA席は、通過時に車内アナウンスが流れる大歩危の景色がいいですね。

もし、特急南風のグリーン車に乗るのであれば、そういう点を考慮しつつ、席の指定買いもしてみてください。

最後に、車内販売は、丸亀―琴平間だけでやっていました。いくらなんでも、短すぎだろ!!

2014年8月下旬

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ