聖山-高岳縦走登山レポート

聖山(読みは「ひじりやま」)は、広島県安芸太田町にある標高1113mの山です。
高岳(読みは「たかだけ」)は、広島県北広島町にある標高1054mの山です。

聖山と高岳の2つの山は縦走コースとしても知られています。

その聖山-高岳を縦走登山した登山レポートです。

私がまず目指したのは、聖山です。
聖山の登山口は、聖湖を造っている樽床ダムから200mほど離れた所から延びている中ノ甲林道です。

聖山登山口

聖山登山口。左の林道を上っていきます。

駐車場は、樽床ダムにあります。
なかなかきれいなトイレもその周辺にあります。

まずは、未舗装の中ノ甲林道を上っていきます。
林道を上りきった十文字峠から林道を離れ、登山道になります。

十文字峠

十文字峠。右から登山道が延びています。

聖山への登山道は、比較的真っ直ぐに延びています。
斜度も登山としてはきつくありません。

やがて、上りきると、少し広くなっている高岳への縦走路の分岐ポイントに着きます。

そこを少し進むと聖山山頂に登頂です。
三角点があるだけで、景色もありません。
ただ、さらに少し進むと少し景色が見える場所があります。

聖山山頂

聖山山頂。景色は全くありません。

少し休んで、分岐まで戻り、高岳へ縦走開始です。

縦走路は、最初は大きく下ります。
その後は、小さく上ったり下ったりの繰り返しです。アップダウンも小さいです。
なかには、急登な部分もありますが、登山としては楽な道です。

聖山-高岳縦走路

聖山-高岳縦走路。よく整備された縦走路ですが、景色無し。

それにしても、この縦走路、景色がほとんど見えません。
残念です。

そして、県境匹見分岐です。
ここからは、右に折れ、県境の縦走路を高岳に向けて縦走します。

高岳直前でやや大きく登ると、高岳山頂に登頂です。

高岳山頂

高岳山頂

rel="nofollow"> 高岳山頂は広いです。
そして、やっと景色が広がります。
しかも素晴らしい景色です。

まず、眼下に見下ろす聖湖がいい!!
聖湖の奥に、臥龍山深入山も望めます。
もちろん、その先の山々も一望です。

高岳パノラマ

高岳山頂からのパノラマ。聖湖や深入山等を一望。

向きを変えると、恐羅漢山も望めます。

高岳山頂から恐羅漢山を望む

高岳山頂から恐羅漢山を望む。

今まで景色と言う景色が無かったために、感無量です。

景色を楽しみながら昼食を食べ、今度は下山します。

下山の登山道は、聖岳と比べると急です。
それでも、よく整備された登山道なので、危なくはないです。

下り切ったら、沢があり、橋を渡るとほどなく高岳登山口に到着します。

下りた先にある橋を渡ります。

下りた先にある橋を渡ります。

あとは、聖湖畔の車道を、スタート地点まで戻ります。

聖山-高岳縦走登山は、縦走をしたい人でなければ、あまりおすすめではないです。
なぜなら、景色は高岳山頂くらいしか広がらないからです。

なので、高岳を単独で登山するのがよいのではと思います。
高岳山頂を高岳登山口から往復するだけなら、2時間で登って下りて来れるのではと思います。

そして、無駄に縦走せず浮いた時間を、近くにある深入山登山に回すのがおすすめです。

コースタイム 聖山登山口 → 25分 十文字峠 → 25分 聖岳山頂 → 40分 県境匹見分岐 → 25分 登山高岳山頂 → 40分 高岳登山口 → 20分 → 聖山登山口

2016年4月中旬

rel="nofollow">

セール品・アウトレットも多数!最大級の品揃え 登山用品専門店の好日山荘

目で見て学ぶ登山教室

登山は、道具選びから技術の身につけ方次第で、大きく疲れ具合や楽しみ方が変わります。それらを知らないと危険な上にただの苦行でしかありません。

しかし、実際にそれらをきちんと教わる機会はほとんど存在していません。
そこで、まさにうってつけのDVDとテキストから構成された分かりやすい登山教室を紹介します。

それを見て登山を学び、登山ライフを楽しみましょう。
登山ができると、旅行の幅がう~んと広がりますよ。

あの有名なアルピニスト野口健も推薦する登山家 小西浩文の
『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ