289系くろしおのグリーン車



紀勢本線を走る特急くろしおの中の、289系くろしおのグリーン車に乗車した際のレポートです。

特急くろしおは、オーシャンアローくろしお、287系くろしお、そして、今回乗車した289系くろしおの3タイプが走っています。

289系くろしおは、正直言いまして、北陸本線特急のお古なんですよね。

私が乗車したのは、白浜駅‐新大阪駅間です。

289系の特急くろしお

白浜駅に停車中の289系の特急くろしお

289系くろしおは、6両編成が基本となっています。

白浜駅方面から見て、1・2~6号車となっています。

グリーン車は、1号車の白浜駅よりの半分で、半室グリーン車となっています。

座席配置は、2人席と1人席の横3列構造です。

席番は、白浜駅方面に向かって、前から1・2~5となっています。

で、白浜駅方面を見て、左側が二人席で右側が一人席となっています。

で、二人席の窓側がA席で、通路側がB席となっています。反対の一人席はC席です。

という感じの全部で15席しかないプレミアムな空間となっています。

前から見たグリーン車室内

前から見たグリーン車室内

後ろから見たグリーン車室内

後ろから見たグリーン車室内

座席ですが、さすがに大きくゆったりしています。シートはふっくらとしていて柔らかめだと思います。
そして、枕もあります。

シートピッチも広く、フットレストもあります。

テーブルは、インアーム式のテーブルで、膝の上を右から左まで覆うタイプです。
そして、同じく、インアーム式のドリンクホルダーもあります。

テーブルとドリンクホルダー

テーブルとドリンクホルダーを出したところ

このタイプのテーブルは、悪くはないのですが、ノートパソコンを広げたりするには、幅が少なめなので、向いていません。

そして、座席を立つときは、一度テーブルをたたまないといけないので不便です。正直、私はそんなに好きではないです。

座席背面には、マガジンラックと袋などをひっかけるフックがあります。

座席の背面

座席の背面はこんなかんじになっています。

窓の横には、ペットボトルを置くくらいのスペースもあります。

座席周りの収納はまあまあいいです。
もちろん、上の荷物棚もありますよ。

あと、各座席のひじ掛けには、コンセントがあります。これはありがたい。

グリーン車車内は、カーペット敷きで、やや落ち着いた照明となっています。

車内販売は、以前はあったんですが今はありません。
加えて、自動販売機もありません。

車窓ですが、白浜駅方面に向かって、左手の窓側席は、梅田の超高層ビル街や大阪ドーム、通天閣を望むことができます。

反対の右側は、所々で太平洋を望むことができます。

梅田の超高層ビル街

梅田の超高層ビル街。大阪駅はショートカットします。

太平洋

御坊‐紀伊田辺間で見ることができる太平洋

なお、窓はかなり大きめです。
前後2列で一つの窓なので、進行方向を見て、後ろ側の窓割だと、かなりの展望をえることができます。

参考までに、5番席のみ一人窓なので、下り白浜駅方面に向かっては、偶数席がおすすめという事になります。

私の場合は、上りの新大阪駅行きだったので、反対の奇数席がいいという事で、1C席を取っていました。

以上、289系くろしおのグリーン車レポートでした。

2018年1月上旬

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ