8600系新型しおかぜのグリーン車

岡山駅と松山駅を結ぶ特急しおかぜ号のグリーン車に乗車した際の個人的な口コミというか乗車レポートです。

ただの「しおかぜ」ではありませんよ。8600系の新型の特急しおかぜです。

8600系といえば、前面のSLを彷彿させるデザインが特徴的な車両です。現在、しおかぜといしづちの一部の列車に採用されています。

児島駅に停車中の8600系新型しおかぜ

児島駅に停車中の8600系新型しおかぜ

最高時速は130㎞です。8600系しおかぜは空気バネ式車体傾斜方式を取り入れています。これにより、振り子式ほど傾かずに、最高時速130㎞で走ります。

空気バネ式車体傾斜方式って正直よく分かりませんが、車体が傾く時に「シュー」という音が聞こえていました。

で、グリーン車はしおかぜのみに存在しています。
私がしおかぜのグリーン車にのった区間は、下りの児島駅と松山駅間です。

さて、8600系しおかぜは、基本的には5両編成の特急列車で、松山駅方面から1号車・2号車で、最後尾が5号車となっています。
グリーン車は、1号車の松山駅より半室がグリーン車になっています。

8600系新型しおかぜのグリーン車室内

8600系新型しおかぜのグリーン車室内

座席配置は、1人席と2人席の横3列構造で、全部で4列あります。
席番号は、松山駅方面から見て1・2~4となっています。

で、松山駅方面に向かって、左手の窓側が一人席のC席で、反対側の窓側がA席で通路側がB席です。

二人席のA・B席

二人席のA・B席。レッグレストは電動です。

という感じの、全部で12席という超プレミアムな空間です。実は、8600系でない8000系のしおかぜのグリーン車は3×6の18席あります。

12席しかないので、繁忙期の乗車率はいいみたいですね。私が乗車したしおかぜも半分くらい埋まっていました。

ちなみに、私の席は、2C席でした。これは、一人席の松山駅方面に向かって前から2番目の席です。

座席ですが、さすがに大きく、ゆったりと座ることができます。枕も上下可動式でずれない構造になっています。

特筆するべきはシートピッチの広さです。8000系のしおかぜは117cmでしたが、それより断然広いのではと思います。

もちろん、フットレストがあります。さらに電動レッグレストもありますので、シートをしっかり倒して、レッグレストを上げて、フットレストに足を乗せたら、十分寝ることができるでしょう。

テーブルは、座席背面式の広いテーブルです。そして、そのテーブルが前後にスライドします。これは便利だ!飲食だけでなく、パソコン作業がしっかりできます。

それだけでなく、インアーム式の小さなテーブルまであります。
もちろん、窓の横も携帯電話などのちょっとした小物を置くことができます。

一人席のC席

一人席のC席。テーブル2つを広げた状態。

rel="nofollow"> さらに、座席背面にはマガジンラックもあり、JR四国のオリジナルの雑誌が入っています。でも、ペットボトルなどを入れておくことはできます。

それに加えて、ドリンクホルダーもあります。まあ、このドリンクホルダーはシートピッチが広すぎて、遠くて使い勝手がよくありませんが…

コートフックもあります。加えて、座席背面にもフックがあり、袋をひっかけてゴミ袋にするというようなこともできます。

座席の背面部

座席の背面部。テーブル・ドリンクホルダー等があります。

当然、座席上部には荷物棚もあります。

はっきり言って、座席周りの収納は抜群すぎです。

あと、各座席にコンセントがありますので、携帯やパソコンを充電することができます。でも、実は、この8600系の新型しおかぜには普通車も含めてすべての座席にコンセントがあります。なんと革新的!

読書灯もあります。

他に、8600系しおかぜについて書くことと言えば、車内販売は丸亀駅―観音寺駅間という短い区間であります。でも、私が乗車した時はグリーン車なのに回ってきませんでした。廃止されたのかもしれませんね。

飲み物の自動販売機はあります。しかし、アルコール類は扱っていません。

グリーン車から一番近いトイレは、多目的室となっていて、電動でドアの開け閉めをすることができる広くきれいなトイレです。

多目的室となっているトイレ

多目的室となっているトイレ

で、しおかぜからの車窓ですが、C席は四国の山々です。川之江駅から壬生川駅間は、海から近いのに1500m~2000mという高峰がさながらアルプスのように並んでいます。石鎚山も見えます。

A席は、瀬戸内海を随所で眺めることができます。

A席・C席ともに、瀬戸大橋からの眺めは抜群にいいです。瀬戸大橋通過が夕陽の時間ならA席は最高ですね。

戸大橋からの瀬戸内海の景色。

C席からの車窓。瀬戸大橋からの瀬戸内海の景色。

で、下りの松山駅行きに関してですが、1A席は、横だけでなく前面展望も望むことができます。瀬戸大橋を走っている時の前面展望はなかなかの眺めですよ。ただ、一番前に乗降口がありますので、ちょっと前面展望まで遠いです。ちなみに、1C席の前は壁です。

1A席から見ることができる前面展望

1A席から見ることができる前面展望

以上が、8600系の新型しおかぜのグリーン車に乗車した際のレポートです。

個人的な評価をしますと、8600系の新型しおかぜのグリーン車はすごくいいです。でも、8600系はごく一部のしおかぜだけです。

ポケット式でない大きな時刻表なら「新型車両で運転」みたいなことが書かれていますので、時間にこだわらないのであれば狙って予約するのもありですよ。

2016年8月上旬

注目!! 東京湾クルーズ・工場見学・ありきたりでない特別な日帰りツアーのポケカル。他にない面白い旅がきっと見つかります!



サブコンテンツ

とっておきの宿情報

世の中には、知っている人だけが得をする情報というものがあります。

全国に200以上ある豪華施設付超格安宿もそのひとつです。
この知識を手に入れあなたの旅をより充実させましょう!!


1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-

おすすめの宿等

最安ホテルを探す

このページの先頭へ